2016年02月02日

ねこ休み展に行って来ました!

猫(足)この記事のつづきです
↑ 詳しくは肉球をクリックして記事を見てね

里の両親としては見ておかねばっと
行って来ました
猫(足)ねこ休み展-冬-2016

12650848_10205352180908936_8204514739349419954_n.jpg

見入る里の父
あえて小さめで白黒で
ちょこっとね


だって〜ルミ君とあっちゅの
ママの愛情満載の可愛いお写真は是非とも実物を愛でて
ほしぃ〜んですぅ

TUDAYAs GALLERYのある
浅草橋という立地もなかなかGOOD
ちょこっと足を伸ばせばスカイツリー
浅草にでれば雷門に花屋敷遊園地
直ぐ近くには築地場内外市場
美味しいもん一杯
上野に出れば動物園にアメ横

先ずはねこ休み展を満喫したら
ふらりと足を伸ばして
1日楽しめるってかんじ〜猫(笑)

出展者のお声をかけて下さった
ふ〜ちゃんのパパさん

野良猫さんだった
ふ〜ちゃんの生い立ちをお聞きして
ふーちゃんはパパさんに出逢えてほんと良かったって
心が暖かくなりました
猫(足)ふーちゃん

30年近くも前の記憶が鮮明に脳裏に蘇ってきます
私が最初に我が子にしたのはみーちゃんでした

MeTopoIMG_4008.jpg

ペルシャのブラックスモークかな?
右隣りに写っているのは娘のトポちゃんです

彼女との出逢いは高田馬場のゴミ捨て場です
私の仕事は家を空ける事も多く帰宅時間もかなり遅くって
午前さまが毎日
当然ペットが飼える環境ではありませんでした
借りているところもペット不可

それでも連れてっ連れて帰らなければ
この子は死んでしまうっと切迫感に迫られました

それくらいに
純血種とは捨てられたらあまりにも哀れで惨めで
そして自力では決して生きてはいけない
人間が作り出した命です....

バサバサの毛束の様なみーちゃんを
抱っこしてみると
お腹面は全面が毛玉というより
固まって
カチカチのセメントが張り着いてるような状態

少しずつハサミを入れてセメントを崩してくと
バラバラ〜っと落ちるノミの凄い数の卵
色々なゴミと主に
季節外れの落ち葉も巻き込んでいる
良く今まで生きてたね....

一番驚いたのは
セメントが割れてやっとお腹が見え隠れ







コルセットを外した様にお腹が膨らんだ
その日から
お腹はどんどん大きくなり
みーちゃんは妊婦さんだったのです

ここまでに毛を解くのに半月かかりました

ここでは飼えないよ
誰がこの子を捨てたんだちっ(怒った顔)
大家さんにばれない事を祈りつつ
お産の知識も無いまま
ご飯だけはたんと
お食べとお水と缶詰を山盛りにして出勤する日々

お産に立ち会う事も出来なかった
帰宅すると
変な声が聞こえる
見て見ると
4匹の可の愛い赤ちゃんが生まれていました
でも泣いている子以外は動かない....
助かったひとりの娘が写真に写っているトポちゃんです

その後みー&トポ母娘は
友人のご親戚の叔母さまみーちゃん同じお名前ニックネームだけど
の元に迎えて頂く事になりました
ずっと一緒に暮らしたかった...

人の出生率より多い数のペット
空前のペットブームの中で
今は犬を超えて猫が人気らしいですが

猫には鑑札もなく狂犬病のワクチンの義務もない
私の過去の様に大家さんに内緒で飼う事も出来るかもしれません




ペットショップで衝動買い何も譲渡の条件も無く
クレジット24回払い(?)
可愛い箱にいれられてまるで暖かい動くぬいぐるみの様に持ち帰った
その子は
命である事を忘れないで....

by the way

凄いな〜って思ったお嬢さんにも出会いました
うらちゃん
猫(足)うらばなし
立ち耳スコテッシュさん御年17歳

・耳の形状は骨の形成異常
・骨の異常が内臓や先天性心臓疾患を引き起こします
・遺伝性の疾患「骨軟骨異形成症」
(この遺伝子は立ちみみでも遺伝子を継承しているが症状が軽度である猫(足)
この事実が判明して原産国のイギリスでは繁殖不可となっていると思いますが...猫(足)
・内臓疾患「腎不全」
・内臓疾患「心筋症」
・神経系の病気「遺伝性難聴」

付け加えるなら繁殖でのハイブリッドに貢献した
ペルシャやブリテッシュSHやアメリカンSHなどの遺伝性の疾病もある
PKD1遺伝子変異からの多発性嚢胞腎

揺れるハート黒ハート揺れるハート

うらちゃんのママさんのように
その子の全てを受け入れて愛情で育んであげて欲しいと切に願います

S__9306115_Fotor.jpg

甘い蜂蜜をたたえてそよ風にそよぐ
しろつめぐさの様な
うらちゃんにインスパイヤーされて



顔(ペロッ)

IMG_3548.jpg

マントラゴナの様な
クロヨが咲きました






皆にゃがパニックに

IMG_3552_Fotor.jpg





のほっIMG_4073.png

出展者の方も受付の方も来客の方々も
みんな暖かくて猫さんたちを通して心が繋がる
素敵な個展です

猫が各国の大統領にゃ首相にゃら
戦争絶対無くなるって思うにゃ
ぬこさんを愛でてると戦意なんか喪失
ぽっかぽっかな気持ちになって昼寝したくなるもの
コレって絶対に世界共通よ顔(笑)


揺れるハート黒ハート揺れるハート

IMG_4557.png


The 8 kittens born on February 21-22, 2014

IMG_4557.png

Available Kittens/Retired cat
Interested in our Russianblues or Reservation of Kitten
Please Contact us from
猫(足) Mail Form

子猫のお問い合わせご予約はMail Formからお待ちしております
or Mail to
soullovezackn@yahoo.co.jp

Thank You!

揺れるハート黒ハート揺れるハート


犬(足)ランキングに参加しています
ポチして頂けると嬉しいですにゃ

82DB82BFmini.jpg







犬(足)お役立ちサイトです
ポチがてら訪問してみてね

モバペ|ペット人気ブログランキング



ニックネーム Bluestar at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 毎日のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真展、とても良い時間を過ごされたみたいでとっても嬉しいです(*´v`*)
写真を見るだけじゃなくって、その子その子に対する愛情などお話を聞けるのも素晴らしい時間ですよね♪
足を運んでくださって感謝☆感謝☆です〜!
ルミ君にあっちゅ、ロシアンブルーの素敵さが出ていましたでしょうか〜♪
ほんとにほんとに可愛い子達です(*´ー`*)

みーちゃんのお話に胸が熱くなりました。
なぜそんなところにいたのでしょうね...
里生さんに保護してもらえて本当に良かった。
家で飼われていた純血種の子は外で生きていくのは難しいでしょう、
トポちゃんも無事に生まれ、そして育つことができて良かった。。。

ポンデクロヨちゃん、うちで同じの作ってかぶせたら、
きっとそっくりになりそう(* ̄m ̄)
シロヨちゃんとクロヨちゃん、あっちゅの同腹のお姉ちゃんかと思うくらい似てる♪♪♪
Posted by もこつく てけこ at 2016年02月02日 18:43
有意義な時間を過ごせましたよわーい(嬉しい顔)
一番印象に残ったのは
猫日和さんの写真の猫ちゃんたち
私の本質は
一緒に地面に座り込んで
たった4年の生涯かもしれないけれど
気高く生きる神様がブリーダーの外猫たちと
心通わせて戯れることが大好きです

是非ルミ君&あっちゅにもポンデマスクを
作って上げて下さい
皆にゃでポンデ一族になるんですよ
クロシェット輪の6目から作る球体を
繋げて編むだけだから
とっても簡単です〜w
Posted by お返事-♪もこつくてけこさん at 2016年02月02日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4119520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック