2015年07月29日

愛りんの出産&ピッカくん&ぱりちゃん

愛りんの赤ちゃん2015年7月23日生まれ
揺れるハートSoul Love Piccar ピッカくん ♂
揺れるハートSoul Love Pariss ぱりちゃん ♀



交配から出産までの覚え書き

猫(足) 愛りん交配日5月17日(日)
PM17:32 Pm17:45
交配から65日目予定日7月21日に陣痛の兆しあり
粘液状のピンクのおりものと食欲がない
この日から
教科書通りに満潮にかけて陣痛は高まるが
聴診器で中の赤ちゃん達の心音を確認しながら
大きな陣痛が来ないまま経過観察

22日も様子は変わらない-交配から66日目

23日の午前3時ころにかけて-交配から67日目
AM2:40頃の満潮の上げ潮にのって
目を細めて口を尖らして陣痛の時のお顔になる
陣痛は微弱ながらも高まって来ている
でも生まれない
粘液状の鮮血にまじったオリモノがおしるりよりも少し多く出た
AM3:00過ぎには横に張っていたお腹が僅かに平べったくなった

それでも
赤ちゃんの心音はしっかりある

この状況で自然分娩を待っても
お腹の子達が死んでしまう可能性が高い
眠れない時間を愛りんと過ごし
やっと朝日が登って来た!
もうすこしで病院が開く!

朝一番で動物病院に直行
毎回お産の状況は事前に伝えてあるので
カルテに記入済み
受付時間前に早急に対応して頂き

健康で若い愛りんに帝王切開の危険は少ない
赤ちゃんを助ける事を最優先とし
直に開けて赤ちゃんを出してもらう事をお願いしました

出て来た赤ちゃんを蘇生する時には微弱ながらも
いつも先生方とともに参加させて頂いています

真っ青な唇と舌と手足がピンク色に色づき
自発呼吸をはじめて舌がくるっと巻いて私の指をおっぱいを吸う様に
吸い付く様になって安定するまでの不安な時間と

いよいよ頭をもち上げて泣き始める喜びの一瞬

ほんとうに言葉に出来ないほど
命って愛おしいです.....


このような緊急な時に
いつも快く対応して下ささる矢敷動物病院の
院長先生ならびに諸先生方に感謝が尽きません

帝王切開にふみきるタイミングとして今回学んだこと
*お乳がはって既に母乳がかなり出る
*微弱な陣痛でもその度にお尻の方に振り返って
 赤ちゃんを探す様な素振りをする
 横に張っていたお腹が僅かでも平べったくなってきた
*予定日に陣痛らしき微弱な陣痛をやり過ごしてから
 常に母猫の様な行動が目に見えて出てくる
  ●赤ちゃんを呼ぶ優しい声を出す
  ●赤ちゃんを探す
  ●食事を通常の様に食べる

☆--------------------------------------------☆

手術の前にエコーで確認すると
私が聴診器で聴いていた通り2にゃんでした
心音が強い元気で蹴る子が右側のキッカくん♂
心音がゆっくりで弱い子が左側のぱりちゃん♀
この子は帝王切開の麻酔に耐えられるのか
心配だったけど無事に蘇生して現在元気に成長中です

揺れるハート7月23日
AM10:45〜11:00

右側の男の子80g 
命名 Soul Love Piccar♂ピッカくん
左側の女の子80g
命名 Soul Love Pariss♀ぱりちゃん
順番に出てきました

揺れるハート7月24日
PM21:30

ピッカくん105g
ぱりちゃん102g

揺れるハート7月25日
AM9:00

ピッカくん113g
ぱりちゃん113g
PM23:00
ピッカくん125g
パリちゃん126g

揺れるハート7月26日
AM8:30

ピッカくん130g
ぱりちゃん131g

揺れるハート7月27日
AM00:40

ピッカくん137g
ぱりちゃん144g
AM08:30
ピッカくん145g
ぱりちゃん144g

揺れるハート7月28日
AM06:30

ピッカくん162g
ぱりちゃん158g

揺れるハート7月29日
AM11:00

ピッカくん169g
ぱりちゃん170g


犬(足)ランキングに参加しています
ポチして頂けると嬉しいですにゃ

82DB82BFmini.jpg







犬(足)お役立ちサイトです
ポチがてら訪問してみてね

モバペ|ペット人気ブログランキング


揺れるハート黒ハート揺れるハート

IMG_4557.png


The 8 kittens born on February 21-22, 2014

IMG_4557.png

Available Kittens/Retired cat
Interested in our Russianblues or Reservation of Kitten
Please Contact us from
猫(足) Mail Form

子猫のお問い合わせご予約はMail Formからお待ちしております
or Mail to
soullovezackn@yahoo.co.jp

Thank You!

揺れるハート黒ハート揺れるハート

タグ:出産 
ニックネーム Bluestar at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

2015年3月11日予定日 - Lucie&Mitsuru

IMG_5158.jpg

IMG_5160.jpg


交配の記録
2015年1月5日(月)
am11:00
am11:15
am11:45

pm13:00
pm14:00

2015年1月6日(火)
am09:00
am09:40

大まかな予定日の計算
交配後
☆精子はおよそ30分ほどかけて母猫の卵管に到達
奇形だったり動きが悪いなどの不健康な精子は卵管までは到達出来ない
出来ても排卵まで生き延びられません(健康的な父猫が大切です)
★交配の刺激で2〜4時間後に血中LH値が上昇してピークに達してから
36時間(1日半)後に排卵が起こります
卵管で母猫の卵子と父猫の精子が出会って
融合して命の芽が生まれます
この時から63日間を母猫のお腹の中で育まれて
赤ちゃんとして生まれてきます
★交配後のLH値の上昇の
2〜4時間の誤差を考慮にいれて考える

ルーシーの場合は
最初の交配の5日am11時に36時間を足すと
1月6日のpm23時です

卵子と精子が癒合して
誕生出来るまでに育つのに63日がかかります
63を足すと
3月10日pm23時

★2〜4時間の誤差を足します

最短で3月11日am01:00
最遅で3月11日am03:00

これが大まかな出産予定日の計算です
前後しますから何かあった時の獣医との連絡も含めて
しっかりと母猫を見守ってゆくことが大切だと思います

陣痛の高まりには
満潮と干潮も案外と参考になります
干潮から満潮にむけて陣痛が高まる事があるようです

たしかに

ルーシーは朝からあまり食べなくなり出産が近いことが解ります
この日の2回目の干潮は13:24(40)
陣痛も(軽いもの)13時50分頃から目に見えて始まってきました
この後の満潮は19:39(155)目指して陣痛が始まり出したのかもしれませんね
赤ちゃんたちの移動がお腹を波うたせて
ルーシーも軽いながらも陣痛の痛みに耐えている感じです

ペン 満潮干潮カレンダー江ノ島版

今まで立ち会わなかったお産はありませんが
毎回何時も初心者のように心配でドキドキしてしまう
かならず白髪がふえちゃう....
事前に知らせておいた獣医のホームドクターから
どうですか?って
朝お電話も頂いて心強い限りです
本当ありがたいことです

-----------------------------------
ルーシーの出産の様子

今日は朝から食欲がない
夕方になってますます動かなくなって楽な姿勢で
第一陣通を促している様子です

18時頃からいよいよ産箱ケージに入って
お顔に緊張感が見られます

pm 18:50
ベッドの角に顎を預けて僅かに口を尖がらせて
目を細めています....
これは第一陣痛が高まっている合図

予定通りの進み方の様です
この第一陣痛ががあまり長くならないと
本猫は楽なのですが.....

pm 19:30
ニャーと鳴いて息みが始まってきました

pm 19:50
お腹から押し出すような息みが始まった

pm 20:10
息みは続いています20分置きくらいに息む感じ
陰門が僅かに開いてきました

pm 20:20
息みの間隔が少し縮まる
陰門をなめる(分泌物があるからです-オシルシ)

pm 20:50
満潮もさって
落ち着いているので
食事をさせます
お産のインターバルの時には体力を使う出産の時に備えて
カロリーの高い口当たりの良いウエットフードを必ず食べさせます
陣痛でお腹が痛いでしょうから
口元にもって行って支えてあげます
喜んではぐはぐ食べるルーシー
頑張ってね!

pm 21:00
大きく息み始めました

pm 21:45
産道を滑らかにする尿水が出ました

注意すること
尿水なのか破水したのか確認する
鮮血とウテナベロジン(暗緑色の粘液状のおりもの)が
一緒に出ているようなら破水して胎盤剥離した事になる
これは胎盤から赤ちゃんの臍の緒が離れてしまって
直に産めない場合は赤ちゃんは酸素不足で亡くなってしまいます
ウテナが出てしまっても生む気配が無いなら直に獣医の指示を仰ぐ
ぐずぐずしていると後の子達の生死にも関わってくるのです
第一子に時間が掛かりすぎて元気に生まれてくる筈だったのに
次の子も...て不幸な事にはしない様に注意

もうそろそろかも
これは早まるかもね

益々陣痛が大きくなって息み始めました
ルーシーは横になって上手に息んでいます

生まれてきました
揺れるハートpm 22:00-♂96g

赤ちゃんも舐めてすっきりして
一通り身支度を整えようとした時に
二陣が来ました

揺れるハートpm 22:30-♂103g

なんだか落ち着いてるね
前回もそうでしたが
ここで少し長いインターバルがあるのです

ウエットを食べて
授乳も始めて....

揺れるハートpm 23:30-♀89g

赤ちゃん達は乾いてすっきり
お乳の良い場所を巡って模索中

まだかな〜かなり間が空いてるけど
待てるのか否かは?
破水もなく
出血もなく
ウテナもない
食事をするなど本猫が落ち着いている様子
聴診器で次に生まれくる膣の方に降りて来ている
赤ちゃんの心音を確認する
しっかりとした心音が聞こえる=OK

でもあまり間が空くとお腹で最後まで待っている子が
死産になる可能性も高まる特に出産予定日がおくれて
67日以上になっている場合=NG

こんな方法を試してみる
次の陣痛を促進させる為に
授乳をさせて陣痛を促す事も得策

赤ちゃんが飲まないなら乳首を絞り出すようにして
お乳を出す
(陣痛が来ているのにひとりも生まれて来ない場合はコレだけでも十分に刺激なる)

新生児は初乳を飲む事も大切なので
乳首から出て来た初乳を赤ちゃんの鼻のあたりにつけて飲むように促す
新生児は全て匂いで判断するので口ではなく鼻に訴えることが大切


ちょっと変な話ですが
人間の妊婦の陣痛を促進させるために
バストマッサージというのがあるのですよ

授乳をする刺激は幸福ホルモンのオキシトシンが出るので
オキシトシンは陣痛を促進させます(陣痛促進剤です)

それでも次が1時間以上も生まれて来ない時は
中の胎児の存命が不確かな時は直に獣医の指示を仰ぎます

中の胎児の生存確認をしていて心音もしっかりとしていて存命なら
(聴診器で常に確認することを推奨)
獣医で促進剤のオキシトシンの処置を受けてみる
それでも駄目な時は帝王切開に
帝王切開の時には経験上子宮を温存する方が良い
母としての機能がなくなる事でホルモンのバランスが代わって
赤ちゃんを育てない母乳が出なくなるなど色々な障害が羽状してきます
結局初乳をなんとか飲ませて生後2日目から人口授乳で育てた経験があります
この状況は他の母猫でも多かれ少なかれ同じ事が起こった

諦めないでせっかく授かった命なのです
全ての命を助けたいです

胎盤も一つは食べさせます胎盤にはプラセンタとして栄養満点だし
今後のお産をスムーズにするホルモンも含まれます
(でもあんまり食べると下痢をする-特にまわりの組織は消化が悪いそうです)

すべて自然が営む理にかなったプロセスなのだと思います

3月11日なってしまいました(本来の予定日時だけどね)
揺れるハートam 0:45-♀86g

ふぉ〜おつかれさま
ならんでお乳の場所も決まった様ですね
落ち着いています
ルーシーも良き母しています
よかった

IMG_8150.jpg

揺れるハートわーい(嬉しい顔)揺れるハート
my Soul Love!















犬(足)ランキングに参加しています
ポチして頂けると嬉しいですにゃ

82DB82BFmini.jpg







犬(足)お役立ちサイトです
ポチがてら訪問してみてね

モバペ|ペット人気ブログランキング


揺れるハート黒ハート揺れるハート

IMG_4557.png


The 8 kittens born on February 21-22, 2014

IMG_4557.png

Available Kittens/Retired cat
Interested in our Russianblues or Reservation of Kitten
Please Contact us from
猫(足) Mail Form

子猫のお問い合わせご予約はMail Formからお待ちしております
or Mail to
soullovezackn@yahoo.co.jp

Thank You!

揺れるハート黒ハート揺れるハート

タグ:Lucie& Mitsuru
ニックネーム Bluestar at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする